4次元に存在する軽い言葉や、軽い考え方がそのまま3次元で現実化する

4次元は感情や考え方、トラウマなど物理次元以外の全てがここに溜まります。この4次元の状態がそのまま3次元に投影されるわけです。ですから先ずはこの4次元の状態を良くすることが現実(3次元)の状態を変えていきます。4次元は考え方やそれによって生み出される考え方ですからここを自らコントロールすることから人生は好転し始めます。

 

愚痴や不平不満の羅列が現実を不幸にするのは4次元が重くなりそのまま3次元で現実化した結果

愚痴や不平不満ばかりを羅列しても上手くいかないのはこの重い4次元情報がそのまま3次元で現実化するからです。4次元は考え方、それによって生み出される感情によって構成されているのでここが重ければ現実(3次元)は重くなります。愚痴や不平不満が生み出される考え方を抜本的に壊し、楽しい感情が生み出される思考に切り替えることで現実(3次元)は好転し始めます。

 

4次元と3次元の関係を知ることで幸福は自らに委ねられていることを理解する

4次元は全く形のない世界です。この4次元の状態をどうコントロールするかは全て自らの考え方に依存しています。自らが選択する思考が軽いか重いかに全てはかかっておりこれは全責任において自由です。幸福、不幸の選択は完全なる自由に委ねられている、、これが宇宙の真理です。

 

算命学ではいかにその方の思考(4次元)を軽くするかにフォーカスする

算命学鑑定ではその方の思考をいかに軽くするかにフォーカスします。真理に触れ、宿命に触れ思考が軽くなれば4次元(思考)が軽くなりますからそのまま3次元(現実)は軽くなります、生き易い環境が創造されます。思考にはバイブレーション、周波数がありどの周波数にアクセスするかは完全に自由です。算命学はこの世の常識(重い)ではなく真理、宿命(軽い)情報を提供しそこに触れてもらうことでその方の4次元(思考、生み出される感情)を軽くし、そのまま3次元(物理次元)を軽くしていきます。