重い感情(4次元)を生み出す環境(3次元)を離れること

重い感情(4次元)を生み出す環境(3次元)に長く留まってはいけない理由は、あまりに4次元(感情)に重い感情を溜め込みますと、いずれ3次元(環境)はより重くなっていきます。日本では石の上にも3年と何でも我慢する美学がありますがこれは宇宙の真理から外れています。我慢は重い4次元を生み出し、いずれ重い3次元を創造します。重い3次元とは生き辛い物理環境、人間関係などです。ですから算命学でも頻繁に出てくる理論ですが環境の良し悪しは自身の宿命に合致した生き方をしているか否かに準じます。環境(3次元)が重い場合は注意が必要です。

 

過度な我慢や辛抱は4次元を重くする

過度な我慢や辛抱はその方の4次元(感状体)を重くしますからいずれ現実環境(3次元)も重くなっていきます。地球ルールのジャッジ、常識、社会通念に過度に染まってしまいますと重い感情を生み出し、これが4次元に溜まりいずれ3次元(現実環境)に投影されてしまいます。

 

過度な正義感も4次元を重くする

こうあるべき、こうでなくてはならない、、、過度な正義論も感情に負担をかけいずれ重い感情を生み出します。これは4次元に蓄積されます。本来宇宙にはこうあるべきなどの理論は存在しません。人間が人間の秩序を守るために後で勝手に作ったルール、正義でしかありません。この後付けなんちゃって正義論に振り回され重い感情を背負えばやがて3次元(物理次元)に投影され生き辛い現実を生み出します。

 

算命学ではあるがままを奨励する

算命学では常識や社会通念ではなく宿命に沿った生き方を奨励するのは、常識や社会通念に従った生き方をしていてはやがて重い感情を4次元に溜め込み現実(3次元)も重くなってしまうからです。魂が生まれてきた意味に再び戻ることで、知ることでストレスフリーな生活を手に入れます。ストレスフリーな生活は4次元が軽くなりますからいずれ3次元(物理次元)も軽くなっていきます。