輪廻転生は<ある>といえばある、<ない>といえばない?

輪廻転生は<ある>といえばありますし、<ない>といえばありません。厳密に説明しますと輪廻転生は私たちが思っているような形ではない、ちょっと複雑な形で存在します。私たちが一般的に考える輪廻転生は、魂が死んだ身体から離れ、その魂の状態のままそのまま生まれ変わるという感覚です。私というこの自我がそのまま何度も生まれ変わるという考えです。ところがそういうことではないのです。私という自我は今世限りです。今あなたが認識している私という自我は今世で終わりなのです。

木をイメージすると一番理解しやすくなります。木の(葉)を仮に(私)と置き換えます。葉っぱは形状として一枚個別に存在します。これを一個人としてたとえます。この一枚の(葉)は成長しいずれ枯れた場合そのまま地面に落ちます。地面に落ちたこの(葉)は腐敗し地面の土に吸収されます。そして養土となり(成分となり)樹木に吸収されます。吸収された養分はまた木の構成する一部となります。それは葉であったり、幹であったりします。腐った葉(私という自我)はそのまま(葉)として蘇るわけではありません。成分となり木のあらゆる要素として使われます。

 

私たちが思う輪廻転生とはどうやら実際は異なる

つまり私たちが考えるような、(葉)がそのまま新しい(葉)として蘇るような単純な形ではなく、養分としてあらゆる形に変化していく、それが本当の輪廻転生です。私たちが考えるような自我(葉)がそのままの形で生まれ代わり永続するわけではないのです。ゆえに輪廻転生はあるといえばありますし、ないといえばないのです。

人生は一度きりという考え、発想はある意味正しいのです。私という自我は一度きりの人生になります。ですからこの今世を全うする(完全燃焼する)ことは大変意味のあることなのです。自殺してしまったら今回のこの自我(葉)は二度と体験できないのです。大変勿体ない話になってしまいます。

 

では今世の私(自我)のこの記憶は誰が所有するのか?

では今世体験するこの感覚、記憶は誰が記憶するのでしょうか?今現在あなたが体験しているこの感覚はどこにいってしまうのでしょうか?この記憶感覚は全員(ワンネス)で所有します。腐った(葉)の養分は改めて木の養分になるように、全員(ワンネス)の体験として共有されます。今あなたの隣で犯罪を起こし落ち込んでいる感覚も、親しい友人を亡くし悲しんでいる感情も、あらゆる人が経験する全ての感覚は大樹(ワンネス)が記憶として留めます。ワンネス(全体)としては一つとして無駄な経験はないのです。この体験こそワンネスがビッグバンを起こした意味です。

 

 

 

今世の私(葉)は何を経験しても意味がある、意味のない経験はない

完全体であるワンネスにとって完璧な経験は意味がありません。完璧ゆえに完璧の素晴らしさを体験できなかったワンネスにとって完璧なままの体験は必要のない体験なのです。あえて不完全体(魂)となったわけですから不完全な体験(失敗)こそ意味のある体験なのです。不完全(失敗)を体験するからこそ分離した意味があるのであって、ありのままの完璧(成功)は必要無いのです。失敗からの成功こそ意味があり、失敗(分離)のない成功は意味がありません。

算命学鑑定を希望する方の多くはあらゆることが上手くいかなくなり八方塞がりになって藁をもすがる思いで連絡を下さる方が多いのですがこれは完璧なワンネスが分離体となって不完全(失敗)を経験している証拠です。ワンネスにとっては最も狙い通りな状況でもあるのです。

人間(分離したワンネス)は八方塞がりな状況になって初めて本質(ワンネス)に気付きはじめます。自我(葉)に対し絶対的信頼を寄せている間は自分(葉)が実は大木(ワンネス)の一部であることには気付きにくいものです。(葉)であることに限界を感じた時に初めて自分が大木(ワンネス)の一部であることに気付くのです。

(葉)自分に自信を無くしている時とは、(葉)と大木の境目(自我)が消滅するチャンスでもあるのです。境目(自我)が境目ではなくなる(無我)時、自分が実は大木(ワンネス)であったと悟り(差を取る)ます。

 

まとめ

説明の通り輪廻転生は私達が考えている形ではなくもう少しスケールの大きな形で行われます。今回自分が自分と思っているこの自我は今回が最初で最後です。これは脅しではなくそのぐらい今世には価値があるということです。それぐらいこの自我は特別な意味があるのです。ですが私達は生まれて様々な経験をしていく上でこの自我によって皮肉にも苦しめられることになるのです。私が私を強く意識することで私が実は大木(ワンネス)であることを忘れてしまうのです。この時の私は大変孤独です。ですが大変な苦労を経験をすることで私は私に限界を感じ何か大きな力を必要とします。その時が実は一番のチャンス、私が実はとてつもない大きな存在であることに気付けるのです。輪廻転生の存在を正しく知ることで私たちはより自由にまた今世を充実したものにできます。