需要があるかどうかよりも先ずは自分がやりたいビジネスなのか?

環境は刻々と変化します。経営者は時代の変化に常についていかなくてはなりません。社会のニーズを読み時代のニーズを読むことも大切なことです。ですが算命学的にはやはりそれがビジネスであっても先ずは自身の宿命に合った経営、あるがままの経営を行えるを指針にします。

 

なぜ社会の動きや社会のニーズを過度に読み解かなくてもいいのか

なぜ社会の動きや社会のニーズを過度に読み説かなくても良いのかといえば、自身が自身と調和の取れた経営さ絵行っていれば自分=宇宙ですから宇宙も調和が取れてくる、、環境が会社に合わせてきます、環境、社会が自身が行う事業の味方をする、つまり風が吹くのです。ですから社会のニーズ、社会の動きは自分がやりたいを知るキッカケぐらいに考えれば十分です。間違っても社会のニーズを見て仕方なく分野を決め事業を興すようなことをしてはいけません。やがて環境に淘汰されます。

 

世界経済の動向を読み解くのに時間をかけるのではなく宿命に合った経営を行い環境を味方にする

無理に時代に合わせ、無理に半歩先の事業を選び、無理に最先端の分野に進むのではなくあくまでそれらの要因はやってみたいを考えるきっかけであってやらねばで選んではいけません。最先端の分野に心からチャレンジしたいなば良いのですがそれが無理やりであれば環境を味方につけることはできません。環境は自身が自身と調和をとった経営を行えば味方します。世界経済全体を味方につけることが出来るのです。