石原 慎太郎は、日本の元政治家、作家。 参議院議員、環境庁長官、運輸大臣、東京都知事、衆議院議員、日本維新の会代表、共同代表、次世代の党最高顧問を歴任した。 ウィキペディア 生年月日1932年9月30日 (84歳) 生まれ兵庫県 須磨区 配偶者石原典子 (1955年から) 子供石原伸晃石原良純石原宏高石原延啓 兄弟姉妹石原裕次郎

豊洲移転問題を逃げ切れるか?

石原元都知事が窮地に立たされています。小池現知事から宣戦布告を受けている状態です。小池知事はこのブログでも説明しましたが目上とは一切反りが合わない宿命、上手くまとめることは難しいのです。闘うか逃げるか、協調という手段を苦手とします。なぜならば彼女は目上天中殺(子丑天中殺)目上の存在が欠落している方です。

石原さんは今回の騒動逃げ切れるでしょうか。石原さんは63歳から大運天中殺が20年間きていました。大運天中殺は運気の大きな波みたいなものです。高齢にも関わらず活躍できたことは納得できます。特に73歳からは守護神が巡る大運天中殺ですから尚更勢いがつくのです。現在は84歳、大運天中殺はすでに終わっています。普通のエネルギーに戻っています。以前のような追い風は吹いていません。今小池都知事に攻撃されてしまったら難しいかもしれません。

 

宿命でエネルギーは小さいが幻の天将星(将軍)を持つ

石原さん、もともと宿命に馬力はありません。ですが干合(宿命内の変化)がおきますと虚の天将星、幻の天将星が誕生します。虚とは現実とは対極の世界です。彼は小説家とし若くして成功していますがまさに空想、虚の世界で先ずは実力を発揮しました。ですがこれはあくまで虚の世界でのこと。政治は現実ですから現実の世界ではエネルギーは少ないのです。ただ石原さんは辰巳天中殺の方、辰巳天中殺は天上中殺(精神の中殺)辰巳天中殺の方は現実至上主義、結果至上主義なのです。ですから政治家になったからには次々と結果を出す事に奔走します。そして辰天中殺の方は結果を出すのが得意なのです。陽占(本能)は龍高星に向かって流れます。龍高星は改革の星、都政の改革に向けて奔走したのでしょう。

※石原慎太郎さんの人体図(陽占)

龍高星(水)
調舒星(火) 牽牛星(金) 車騎星(金)
司禄星(土)

火(調舒星)⇒土(司禄星)⇒金(牽牛星・車騎星)⇒水(龍高星)

石原慎太郎さんの行動領域(31.46.9)

石原慎太郎さんの能力分布図[行動領域(31.46.9)]

弟さん(石原裕次郎)との縁について

石原裕次郎さん

石原裕次郎さん

石原 裕次郎は、日本を代表する俳優、声優、歌手であり、司会者やモデルといったマルチタレント。実業家・ヨットマンとしても活動していた。身長178cm、血液型はA型。愛称はタフガイ・裕ちゃん・ボス・ユージロー。石原プロモーション元代表取締役社長兼会長。  ウィキペディア

石原兄弟の行動領域の重なり(重なりなし)

石原兄弟の行動領域の重なり(重なりなし) 慎太郎さん(青)、裕次郎さん(緑)

 

性格の相性 縁の深さ 行動の相性
 準備中 準備中 準備中

石原さん   中心星 牽牛星 西の星 調舒星 子丑天中殺

裕次郎さん  中心星 貫索星 西の星 龍高星 戌亥天中殺

※石原さんの性格はプライド高く生きる星、社会的評価を重視する星、牽牛星です。裕次郎さんの性格は職人の星、マイペースの星、繊細な星、貫索星です。この星の組み合わせは金(牽牛星)剋木(貫索星)で相剋の関係です。石原さんと裕次郎さんの関係は競いあう関係、刺激し合う関係です。慣れ合いの関係ではありません。

天中殺の相性 石原さんは初代運、目上欠落、先輩上司欠落の子丑天中殺、裕次郎さんは中央欠落、現実欠落の戌亥天中殺、この二つの天中殺の組み合わせは子丑天中殺である石原さんが現実面で戌亥天中殺の裕次郎さんを支える関係です。精神的には繋がりが薄い複雑な関係です。

 

※当サロンの鑑定の流れ