情報革命が進み今後現存する仕事が次々に変わっていく

情報革命が進みIT化、AI化が怒涛のごとく続いて行きます。これは産業革命期の状態と同じ。仕事の種類が激変します。私たちがこの時代に生まれてきたことには必ず意味がありこの時期を経験するために生まれてきていますから全く問題ありません。この時期を経験したくなくて無理やり生まれてきた魂は一つとしてありません。全員が意識を持って肯定的にこの時代に生まれてきています。ですから職業選び、天職選び、適職選びにおいても頭を悩ませますがこれも宿命、気軽な気持ちで感覚に従って選べば良いのです。語弊を恐れず言えばどうせ今ある仕事のほとんどはロボット化やIT化して無くなりますから10年後、20年後を考えて選んでも意味が無いのです。今完全燃焼できる職業は何か?それだけを考えれば十分です。

 

間違えることが問題なのではなく間違えたことを続けることが問題

どうせ10年後に今の仕事が残っていないのならば今仕事選びで間違えたと思っている方はすぐに辞めるべきです。そして次のチャレンジをするべきです。そして忘れてはいけないことは次に選ぶ仕事も10年後には無くなっている可能性があることです。私たちがいるこの時代は人類史上経験がないほどのペースで技術革新が起こっていますから10年後の未来を言い当てれる人はいません。今に焦点を当て今感覚が乗る仕事を選ぶことが重要です。

 

 

それでも職業を変えれない時はそこに必ず意味があるはず、苦しみから気付きを得る時期

進んで苦しみを味わう必要はありませんが、どうしても身動きが出来ない時期は誰にでもあります。これは頭の中が混乱し身動きが取れない時期です。そのような時期は無理に動くことなく苦しみの中から気付きを得ているのだと腹をくくるしかありません。苦しみは私たちにとって気付きの最大の先生であり恐らくこの気付きを得なければ先に勧めないような人生の設計を魂はしてきているはずです。何か意味があるのだと思い苦しみを味わい尽くす覚悟が必要です。

算命学は今あなたがやりたいことを見つけ出す

算命学鑑定では今現在の時代環境を踏まえた上でご相談者様の最も宿命に合った職業選びをアドバイス致します。現代教育は考えることよりも暗記中心で自分自身が何をしたいのかすら考えることが出来なくなってしまいます。現代教育のエリートほど自身の興味がどこにあるかという感覚が麻痺しています。これは旧来の日本経済社会が大量の企業奴隷を求めていたからです。考える企業戦士ではなく考えることなく命令に忠実に従う戦士を国を中心に求めていたため考える、自分の感性に敏感になれる戦士を意図的に作らないできました。ですが今は時代が違いますしそれでは幸せになれません。国や企業に忠誠心だけ注いで生きていても報われないからです。だからこそこれからは自身の心の声が呟く本当の人生を選ぶ必要があります。算命学はその方の宿命からそのヒントを探ります。