橋本徹
橋下 徹は、日本のタレント、弁護士。日本維新の会法律政策顧問。 大阪府知事、大阪市長、大阪維新の会代表、おおさか維新の会代表などを歴任した。ウィキペディア生年月日1969年6月29日 (47歳)生まれ東京都 東京 幡ヶ谷配偶者橋下 典子 学歴早稲田大学 (1994年卒) テレビそこまで言って委員会NP

橋下徹さんの総合運

橋本さんは日座中殺といって何かをスタートする役目を持っています。スタートするのが役目であり物事を貫徹するのが役目ではありません。ですから都構想に始まり、維新の会立ち上げとしっかりと役目を果たされたと考えます。 本人が道半ばで退いたことを後悔してるとするとそれは勿体ないことですがそれもなさそうです。 橋本さんは申酉天中殺、今年は天中殺にあたります。日の当るところから去り今は休憩期間です。2年間充分に充電されて2年後からまた社会で大活躍されるのではないでしょうか。

日本中を振り回した橋本徹の本性、日座中殺について

橋本さんは日座中殺という特殊な日干支の方です。これは生まれた日の干支(エネルギー)が不自然融合しているのですが、この干支を持つ方は何かをスタートする役割を持っています。特殊な生き方が合うのですが、特に何か新しいことを始めることが役割になります。橋本さん、府知事になってからあらゆる改革を行ってきましたがこれは宿命に合っています。ただしこの改革を完結する力はありません。彼はスタートするのが役目であり完結することは役目にありません。橋本さんは先ず最初に大阪府知事になりました。都構想を立ち上げ、府知事から大阪市長に転身、さらにそこで大阪維新の会を立ち上げ国政にも参加されています。最初のうちは全てが上手く周り都構想、維新の会も結実していきそうな雰囲気がありましたが都構想を決める選挙で敗戦、橋本さんは政治の世界から足を洗いました。道半ばで諦めてしまったようにも見えますがこれこそ日座中殺の宿命通りなのです。彼はアイデアを形にしてスタートを切ることこそが役目であり残りは後進がことにあたるのです。維新の会はいまでも形を変えながら存続していますしこれで良かったといえます。橋本さんは次から次へと何かをスタートすることこそが役目でありその役目を全うしたことになるのです。現在はTVの世界で自身の政治に対する意見を述べていますが、問題提起をしてそれをきっかけに国政や地方政治が動くのであればそれも橋本さんの役目を果たしていることになります。

日座天中殺

※橋本さんの陰占[生年月日をエネルギー(漢字)で表したもの、橋本さんは左端の生まれた日のエネルギーを表す日干支が日座天中殺という特殊な宿命

橋本徹さんの行動領域(12.7.46)

橋本徹さんの能力分布図[行動領域(12.7.46)]