松岡修三
松岡 修造は、東京都出身の日本の元男子プロテニス選手、兼スポーツキャスター、スポーツ解説者。現日本テニス協会理事強化本部副部長。マネジメントはIMG JAPAN。身長188cm、体重85kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。ATP自己最高ランキングはシングルス46位、ダブルス95位。 ウィキペディア  生年月日1967年11月6日 (49歳)  生まれ東京都  身長188 cm  配偶者田口惠美子 (1998年から)

松岡修造さんの総合運

松岡さんの人体図(性格を表す)・顕在意識

申酉天中殺 調舒星(火) 天庫
禄存星(土) 禄存星(土) 司禄星(土)
天印星 車騎星(金) 天印星
松岡修三さんの能力分布図(行動領域)

松岡修三さんの能力分布図(行動領域)

松岡さんは車騎星に星が集まるスポーツマンタイプ、勝負事に一点集中します。富や名誉ではなく勝負に熱くなるのです。 キャスターとして人気ですがその純粋さが人気なのでしょう。 一点破格と守護神両透ですから上格です。努力+多くのサポートがあります。 日座中殺+年干支に対し2重の刑です。親に頼らず自分で運命を切り開くことで開運します。幼少期からテニスで海外を転々としてきたのは宿命に沿っています。

年干支は社会です。子供にとって最初に出会う社会とは両親です。この両親に対し、月干支、日干支が刑(散法)になっています。つまり両親にまったく頼れない、自分自身がスムーズに両親と交われないのです。その場合両親に頼らないことで開運します。

守護神を二つを宿命に所有してますから活躍しやすいことは間違いありませんし、人体図では横一列が土星の星。これは魅力本能の塊ですからキャスターなど視聴率と関係する仕事は意欲が湧くはずです。

※松岡さんの陰占

日干支 月干支 年干支
庚(第三守護神) 丁(第一守護神)

日座中殺の方はスタートするのが役割です。日本テニス界のスタートして初めて英国の地でセンターコートで闘いました。彼が切り開きその後後進が次いでいきます。スポーツ選手からキャスターとして華々しく転身し現在も大活躍です。彼の前に道は無し、彼が進んだあとに道が形成されていくのです。

 

算命学用語解説(日座天中殺とは)

日座天中殺とは日干支(生まれた日の干支)そのものが天中殺(不自然融合)している干支のことを指します。この干支を所有する方は普通の生き方を目指すと辛くなります。そもそもの存在が不自然なのです。日座天中殺を持つ方に橋本徹さんがいます。大阪府知事など特殊な仕事をすること自体は宿命に合っています。ですがこの宿命の方は何かを始める宿命であり、完結することは役目にありません。松岡さんもそうですがパイオニア的な生き方が合います。道を切り開き、、そこに後進があとを追います。

日干支 月干支 年干支