成宮
成宮 寛貴は、日本の元俳優。東京都出身。トップコートに所属していた。ウィキペディア 生年月日1982年9月14日 (34歳) 生まれ東京都     身長172 cm  書籍なりみやでした。

成宮寛貴さんの総合運

彼の総合運から説明します。成宮さんは水性を忌神とします。忌神とは自身の魂を不安定にするエネルギーです。このエネルギーが28歳から47歳まで続きます。これは大変辛い状況です。成宮さんは中年期に向かい風が来る宿命を選んでいます。さらに30歳と31歳は水が巡っており、この時期は天中殺と重なります。30歳、31歳の時に覚醒剤にどっぷりと浸かってしまったのなら納得できます。

※さらに彼は自身の宿命内にも忌神が存在します(年干)そしてこの星を支えるのが天将星(従星で一番大きい)忌神帝王になります。なかなか強烈な宿命なのです。

※成宮さんの人体図(性格、欲求を表す)

辰巳天中殺 鳳閣星 天堂星
調舒星 石門星 石門星
天極星 玉堂星 天将星

辛さに勝てなかったのかと。そして彼にとって役者の仕事は決して楽な仕事ではありません。彼にとって表現することは忌神を取り入れる行為、消耗します。若いうちから人気を得、まっとうな精神力を築けなかったのかもしれません。

忌神帝王とは

自身の宿命内に忌神とそれを支える天将星を持ちます。忌神は魂のバランスを不安定にする星(エネルギー)そしてそれを従星で最も大きな星が支えます。成宮君、パワーがありますが表舞台に居続けるは辛かったのかもしれません。

 

成宮寛貴さんの仕事運

成宮さんは先ず生日中殺、ご両親からの理解を得られない宿命です。さらにお父さんは忌神にあたりますから特に楽な関係にはなりません。ところが陽占から判断すると意識は父親に向かいます。これは辛い状態です。仕事運をみますと彼は頭領運です。逞しいエネルギーを所有しますから芸能界という競争社会は合っています。ですが表現することは彼にとって凄まじいエネルギーを使います。魂を役者道に売るつもりがないと長続きしないでしょう。仕事を通じて極める、悟るぐらいの覚悟がないともちません。

陽占は縦(精神)横(現実)全て火星に向かいますから表現したいとい欲求は強くないます。ファッション関係の仕事に就くことは合っています。

成宮寛貴さんの行動領域(37.46.59)

成宮寛貴さんの行動領域(37.46.59)

親との縁を考える

算命学ではその方が両親とどのような縁があるかを命式から判断することができます。それはその方の陰占(誕生日をエネルギーに置き換えたもの)から判断します。その方の陰占に両親を表す星が存在するか否かで判断します。もしも父親の星が無い場合、その方は父親とは縁がなくその場合両親が離婚して近くにいなくても問題ありません。それが自然の流れだからです。ところが宿命には父親の星が存在する、にもかかわらず父親がいないとなるとその方にとってその状態は不自然な状態となりストレスが溜まるということになるのです。両親との関係を鑑定する際、その方が両親の星を所有しているのかいないのかは重要です。

成宮寛貴さんの恋愛運

成宮さんの恋愛運をみます。彼にとってパートナーと同棲する、結婚する、近づくという行為は彼の魂いを不安定にします。それは自身の日干支から説明がつきます。彼は魂が庚、これは金のプラスのエネルギーです。酉月うまれの庚の方です。このタイプは水が忌神になります。そして彼の日支は子(水)です。配偶者はここに座ります。すると配偶者や親しい女性は彼の宿命をアンバランスにします。ですから結婚や同棲は彼にとって楽ではないのです。ここも間違った方向に進んでしまった要因かもしれません。

辰巳天中殺 鳳閣星 天堂星
調舒星(忌神) 石門星 石門星
天極星 玉堂星 天将星

 

※調舒星は西の星、西の星は配偶者を表す。

成宮寛貴さんの行動領域(37.46.59)

成宮寛貴さんの行動領域(37.46.59)