若いころは宿命は知らなくてもいい?!

なぜ算命学に興味を持つ方は多くの場合30歳以降なのか?10代から算命学に興味を持つ方は稀です。ある程度人生の辛酸を舐め苦労を味わった時に自分とはどのような人間なのかと興味を持ちます。楽しくて仕方のない時に算命学や四柱推命に興味を持つ方は稀です。自分自身の宿命や未来に興味を持つのは決まって苦しいときです。生まれてすぐに自分の宿命を知れば人生を真剣に生きることから離れてしまいます。最初は自分自身でもがき自分の可能性を探らなければ生まれて来た意味が薄れてしまいます。

 

算命学やスピリチュアルは準備が整った時に突然出会う

算命学やスピリチュアルはあらゆる苦しみを味わい生きる意味を真剣に考えるようになった時こそ出会う価値があります。それ以前に出会ってしまうと興味も持てませんし心にも響きません。最悪人生から簡単に逃げる口実にされてしまうことすらあります。ですから算命学をはじめとするこれらの情報は取り扱い注意の部分もあり出会う時期は完璧なタイミングで訪れるのです。

 

算命学に出会ったときは自身の取り扱い説明書を手にする完璧な時期

算命学やスピリチュアルに出会うタイミングは完璧な時期に訪れます。算命学をはじめとするこれらの情報は人生に大きく関わるため早すぎても遅すぎても駄目なのです。興味が湧かない時は算命学の情報が必要ないかもしくは知ってはいけない時期なのです。興味が湧いてどうしてもそれを知りたくなったならばそれは魂から許可が降りた時、自身の取り扱い説明書を手にして人生を切り開く時期です。