子供が生まれるのか生まれないかは宿命にでる

算命学では子供に縁があるかないかの判定があります。女性にとって子供が出来るのか、出来ないかは大きなテーマです。結婚して子供を産むことは自然な流れでありそこは女性にとって大変大きな関心になります。

算命学では陰占(その方の誕生日をエネルギーに変換したもの)で子供との縁をみます。本人のエネルギー(日干)から生じるエネルギーが存在するとき子供と縁がある宿命と判断します。逆に全く生ずるエネルギーがないとき子供と縁がない宿命となります。

下が女優の杏さんの陰占です。この図を見て頂くと宿命に杏さん(戊)が生ずるエネルギー庚(金)も辛(金)も存在しません。そのため杏さんは子供と縁がない宿命と判断します。宿命に子供のエネルギーが存在しない方は子供が生まれない可能性が高いのですがその場合子供を産みたいという感情も少なくなります。どうしても子供が欲しいという感覚が希薄になるのです。これは不思議なことです。

杏さんの陰占[庚(金)もしくは辛(金)が子供を表す]

日干支 月干支 年干支
戊(本人) 壬(水) 丙(火)
癸(水) 乙(木) 丙(火)
子(水) 辰(土) 寅(木)
癸(水) 乙(木) 戊(土)
癸(水) 丙(火)
戊(土) 甲(木)

 

宿命に子供の星が無くても子供が生まれるケースを考える

杏さんの旦那さん、東出さんの陰占[壬(水)もしくは癸(水)が子供を表す]

丙(本人) 癸(子供)
癸(子供)

※東出さん(丙)にとって癸(水)は女の子になる

上は杏さんの旦那さん、東出さんの陰占です。東出さんには子供の星が二つもあります。この場合、杏さんには宿命に子供星がありませんが子供が生まれる可能性がでてきます。実際杏さんには二人の子供、そして現在妊娠中の3人目の子供がいます。子供と縁があるか否かは本人、そしてその配偶者も含め判断します。

また宿命には子供の星があっても、午未天中殺の方は子供と縁が薄くなります。午未天中殺の方は目下中殺(南方中殺)、自分より目下と縁が薄いのです。そのため子供のことにあまり関心が薄いか、仮に生まれても自分の子供とどう接した方が良いのかわからなくなります。子供の気持ちが上手く理解できないのです。そこで子供を攻めたりします。

生まれてくる子供の性別を判定

本人の星(干)×子供の星(干)=陽(プラス)であれば男の子に恵まれる

本人の星(干)×子供の星(干)=陰(マイナス)であれば女の子に恵まれる

となる。

東出さんの場合本人の干が(丙)で陽干です。そして子供の星(干)が癸水で陰干になります。そのため 東出さん(陽)×子供(陰)=陰(マイナス)となるので女の子となります。

生月中殺を持つと結婚が難しくなる

そしてもう一つ子供との縁が少ない宿命が生月中殺を所有する方です。生月中殺は家系中殺、この生月中殺を所有しますと結婚そのものが難しくなります。家系の流れが中殺されているため家の外にでて仕事に生きやすくなるのです。逆に若いうちから一人暮らしをスタートし家系の流れから外れた生活をしますと宿命に合致しますので運気が上がり、同じく生月中殺を所有する方と縁が生まれます。その場合は子供にも恵まれやすくなります。

宿命内に子供の星を所有していても、結婚相手の星が無い方もいます。例えば杏さん(戊)でいえば癸(水)、もしくは壬(水)です。この結婚相手の星(水性の星)が無い方は子供と縁があっても結婚が難しくなるため子供との縁が少なくなります。

 

宿命に結婚相手の星(干合干)が無い場合、異性を意識できない

宿命に結婚相手の星(干合干)が無い場合、異性を意識出来なくなります。自分の世界(宇宙)に異性が存在しないため異性のことを考えることが不自然なことになるのです。異性を意識しないので相手から好意を持たれてもそれに気付くということも難しくなります。つまり異性に対し鈍感になるのです。ですから宿命に異性の星が無い方は積極的にアピールしなくてはなりませんし、異性の気持ちも積極的に確認しなくてはならないのです。

杏さんは四人(異性の星を持つ)

日干支 月干支 年干支
戊(本人) 壬(水) 丙(火)
癸(水) 乙(木) 丙(火)
子(水) 辰(土) 寅(木)
癸(水) 乙(木) 戊(土)
癸(水) 丙(火)
戊(土) 甲(木)

まとめ

算命学鑑定では子供に縁があるのか否かを相談される方は多くいます。宿命に子供の星や異性の星が無いからといって子供が生まれないというわけではありませんが、自分の特性を理解して行動することは大変重要になります。ただしいくら子供ができないからといっても宿命に全く子供がいなかったり、異性の星が無かったりすれば御自身の魂はそれを分かった上で、理解した上で生まれてきてますからそれすら実は問題ありません。

 

※当サロンの鑑定内容