天動説が地動説にパラダイムシフトを起こした過去

ガリレオガリレイが「それでも地球は回っている」という言葉を残し地動説を説いた当時、地球ではガリレオ以外天が、宇宙が地球の周りを回っていると真剣に考えられていました。その後地動説が本当であったと分かった際に地球上の全ての人が天動説から地動説へと認識を改めました。これをパラダイムシフト、大変換と言います。今までの解釈が180度ひっくり返ることを指します。

 

算命学を知ることで人間の価値観は簡単にひっくり返る

この世は科学では証明できない不思議なことが満ちていることは頭では分かっていてもなかなか腹の底から理解できませんが、算命学を知りますとそれを疑うことが出来なくなる場合が多くあります。それは自分の性格を一番深く理解しているのは自分でありその自分に対し我々鑑定師は直球でその方の本質を言い当てていくからです。しかも30分から1時間という短時間でその方の宿命図を解明していきます。当てられた当人は疑う余地が無くなります。算命学の優れた点は大枠でのくくりから詳細に至るまであらゆる角度からそこ方の宿命を考察できるので証明作業が簡単んなのです。親との関係から自身の欠落部分に至るまで幅広く直球で解明できます。

 

パラダムシフト後は自分の思考や科学が絶対でないことを知ることで癒される

今まで絶対であると考えられてきた科学や技術以上の情報、データがあることを知ることで人間は癒されます。太平洋戦争当時、日本では敗戦すれば日本は植民地化され奴隷のように生きなければならなくなると真剣に信じ込まされてきました。ところが蓋を開けてみれば日本は敗戦することで経済大国へとシフトしてきました。このように全員が正しいと信じている現代の常識よりも不思議で面白い世界があることを知ることで人は気楽になります。

 

やがては地球上の全ての人が俯瞰した世界観を持つようになる

人が宗教にすがるのは目の前の現実以外の世界に触れることで視野を広げるためです。宗教の教えを信じることでおきなスパンで物事を見ることができ目の前の現実を引いた目で見る視点を手に入れ楽観視して癒されます。恐らく近い未来天動説が地動説にパラダイムシフトしたように人間全員が悟った(自分が自分でない、自分以上の存在であると気付く)ような状態になる日が来ると思います。算命学はその気付きへの大きな役割を果たしていくはずです。