十大主星とは

十大主星とは陰占(生年月日をエネルギーに変換したもの)から割り出したその方の欲、本能、欲求など顕在意識を星として表現したものです。五本能として表現し、守備本能、伝達本能、魅力本能、攻撃本能、習得本能の五種類で分類されます。

 

守備本能  貫索星(陽性)、石門星(陰性)

伝達本能  鳳閣星(陽性)、調舒星(陰性)

魅力本能  禄存星(陽性)、司禄星(陰性)

攻撃本能  車騎星(陽性)、牽牛星(陰性)

習得本能  龍高星(陽性)、玉堂星(陰性)

 

 

算命学に関する書籍は多数ありますがほとんどがこの十大主星に関するものです。それは十大主星は顕在意識の星なので、自覚がある、当たっていると感じることができる世界なのです。中森じゅあんさんが大手出版会社で十大主星についての本を出され有名になりました。

しかしながら算命学を本格的に勉強を始めますと、陰占(宿命、無自覚の世界)の重要性も大きいことが分かってきます。陽占(十大主星)で顕在意識、自覚のある世界を認識し、陰占(無自覚の世界、宿命)を認識することで鑑定の効果は倍増します。

 

従星について(馬力、排気量について)

 

従星は陰占(生年月日をエネルギーに変換したもの、3つの干支で形成される)から導き出される、人の宿命の馬力(排気量)を星で表現したものです。日干と3種類の地支(年干、月干、日干)の組み合わせで作られます。

年干支と日干(魂)の組み合わせから導き出される従星は 若年期の星

月干支と日干(魂)の組み合わせから導き出される従星は 中年期の星

日干支と日干(魂)の組み合わせから導き出される従星は 晩年期の星

として導き出されます。

天報星、天印星、天貴星、天恍星、天南星、天禄星、天将星、天堂星、天胡星、天極星、天庫星、天馳星の12種類で表現されます。

天報星は胎児を表し、そこから徐々に歳を重ね、天将星で最旺気を極め最後天馳星であの世に戻ります。

天報星 天報星は胎児の星、可能性の星、才能の星 3点

天印星 天印星は赤ちゃんの星、世の中から愛される星 6点

天貴星 天貴星は小学生の星、真面目な星、プライドの星、 9点

天恍星 天恍星は中学生、高校生の星、アイドルの星 7点

天南星 天南星は大学生、20代前半の星、女王様の星 10点

天禄星 天禄星はトップ目前の星、トップを支える星 11点

天将星 天将星は王様、人生の集大成の星、社長の星、大将の星、3次元の王様 12点

天堂星 天堂星は、会長の星、老人の星 8点

天胡星 病人の星、退職後の星、 4点

天極星 死への入り口の星、死の準備の星 2点

天庫星 墓入の星、 5点

天馳星 天馳星はあの世の星、4次元の王様 1点

従星の点数は馬力、排気量を表します。12点満点中何点かで判断します。正確には従星は3つ所有しますから12点×3=36点が満点。そのうち何点かで判断します。それがその方の馬力、排気量になります。

 

 まとめ

陽占は算命学では最も有名な占い方法であり多くの書籍でその方法が紹介されています。その陽占の中でも基本になるのが今回ご紹介した主星、そして従星です。主星と従星を理解できますと、少なくともその方の性格を理解することができます。陰占は本人も自覚がないので当たる当たらないの判断がつきにくいのですが、陽占は自覚のある世界なのではっきりと当たり外れの判断ができるのです。そのため算命学では陽占の内容が広く伝わっております。

 

 

当サロンの鑑定料金