広い人間関係が向く人もいれば狭い人間関係が向く人もいる

人間関係は広い方が良いと思っているかたは多いと思います。友達の数が多いほうが豊かであると。ところが実際は宿命によって異なります。算命学では行動領域というものがありこの大きさでその方の人間関係の広さを判定します。行動領域が広い方は人間関係も広く浅い関係が向き、行動領域が狭い方は人間関係も狭く深いほうが向きます。人間関係の広さはそのかたの宿命によって異なります。広い方が良い人生であるというのは間違いです。

行動領域(広い)

行動領域(広い)

行動領域(狭い)

行動領域(狭い)

行動領域の重なりは恋人との相性を占う

二人の人間の相性鑑定でも行動領域は使うことができます。行動領域の重なりは両者の行動の一致を占えます。行動領域の重なりが一切無い場合は行動を共にできません。お互いがしたい行動(無意識)が別になってしまいます。ですが行動領域に重なりがある場合は行動を共にできます。またどの程度の広さの重なりがあるかで両者の関係の深さも計ることができます。

行動領域(重なりあり)

行動領域(重なりあり)

行動領域(重なり無し)

行動領域(重なり無し)

行動領域の広さはその方の仕事の範囲も表す

行動領域の広さはそのかたの人間関係の広さを表しますが、同時にそれは仕事の幅も表します。仕事の守備範囲もその方の行動領域から判定できます。行動領域が広い方は仕事の幅も広くこなせます、ジェネラリストタイプです。そして行動領域が狭い方は職人タイプ、専門職タイプとなります。行動領域が広い方は気が全方位に広がっているためあらゆる仕事を無難にこなすことができます。そして行動領域が狭い方は気が集中しているため一つのことに集中することで能力を発揮しやすくなるのです。

 

行動領域(広い)

行動領域広い(ゼネラリストタイプ)

行動領域(狭い)

行動領域狭い(スペシャリストタイプ)

行動領域はその方の能力の種類を表す

行動領域はその方の能力の種類も判定できます。行動領域が存在する場所によってその方の能力種類が異なってきます。行動領域が北に集中する方は頭を使った仕事が向きます、アイデアを考えたり、もしくは結果を分析する仕事です。そして行動領域が南に集中する方は結果を出すしごと、行動を伴う仕事が向きます。考えることよりも現実的に作り上げる仕事が向くのです。南北に行動領域がまたがる方は思考と行動のバランスが取れた仕事ができます。

北方領域(思考タイプ)

北方領域(思考タイプ)

南方領域(思考タイプ)

南方領域(行動タイプ)

まとめ

行動領域はその方の人間関係、相性、そして仕事の幅、能力の種類に至るまで幅広く鑑定に利用できます。行動領域はその方の生年月日を干支で表し(陰占)3つの干支の組み合わせで解読します。気(エネルギー)がどのように集中しているかを見定めることでその傾向が読めます。