動物は生きる意味を考えないが人間は生きる意味を考える

動物は生きる意味を考えません。そもそも生きる意味を考える脳を持っていません。人間は生きる意味を考える脳をもらっています。それゆえ生きる意味を考えるわけですが簡単に分かるはずがありません。動物が進化した人間が誰しも悟れるわけがないからです。ですので生きる意味を悩むのは当然のことで意味を考えない人はまだ動物に近いとも言えてしまいます。進化してきたからこそなぜ生まれたのかを思い悩むのです。

 

人間はやがて創造主に近づいていく

人間は動物のようにただ食べて寝る生活からしましたが、やがて生きる意味を考えるようになり、では何を成すか、どのような事を成すのか考えまで到達しました。これは人間が創造主になっていくプロセスです。アメリカでは起業が成功とみなされるのは自らの意思でサービスを作りだす存在になったからです。神、創造主に近づく行為です。創造主とは無から有を生み出す存在、思考を現実化していきます。そのプロセスが簡単ではないからこそ起業が成功とみなされるのです。

 

生まれてきた意味を真剣に考えるレベルに到達したらそれは自身が実は創造主であることを思い出してきている

生まれてきた意味を真剣に考えるようになってきたらそれが自身が実は創造主であることを思い出してきています。自分とは創造主であることを忘れてしまった存在であり人間はあらゆるチャレンジを積み重ねることで実は創造主であったことを徐々に思い出していきます。その一つが仕事などで自分らしく世の中のために貢献する、サービスを創造することにあります。ですから人は進化することで自分が進むべき方向に悩むようになるのです。合わない分野では良いサービスを創造できないからです。そこが人間と創造主の違いです。人間は先ずは自身の得意なこと、合う分野でサービスを創造していきます。やがてコツを掴みあらゆる分野で創造活動を可能にしていきます。

 

算命学や四柱推命は自分がどのような創造主かを見つけるヒント

算命学や四柱推命、数秘術や、タロットなど数多ある占いの数々は自分がどのような創造主なのかを見つけるヒントになります。この世のゲームはこのように様々な道具でもって生きる意味を探る人々にヒントを提供してくれているのです。各国の宗教もその一つです。なぜこれだけの宗教があるかといえばそれはヒントは多いに越したことはないからです。私たちは生きる意味を探す方法すらも自由を与えられています。種類が多いゆえにまた悩むわけですがだからこそ気付いた時に感動が生まれます。