三谷 幸喜は、日本の劇作家、脚本家、演出家、俳優、映画監督。シス・カンパニー所属。 ウィキペディア   生年月日1961年7月8日 (55歳)  生まれ東京都 東京 世田谷区  身長174 cm  配偶者小林 聡美 (1995年 – 2011年)

三谷幸喜さんの総合運

三谷さん日本の代表する映画監督、脚本家です。位相法が散法、そして行動領域が極端に狭い方です。これは矛盾がありません。一つのことに集中してじっくりと結果を出していきます。

また人体図でも全ての本能が揃います。そしてその本能が本能のあるべき場所に座ります。それぞれの星を最も燃やしやすい場所で燃焼しやすくなります。これだけ矛盾がなければ活躍しやすくなります。

辰巳天中殺 玉堂星( 天堂星
車騎星( 司禄星( 石門星(
天胡星 調舒星( 天印星

※三谷さんの人体図(性格やパワーを10種類の星で表す)

三谷さん元奥さんである小林さんと離婚されました。奥さんとは行動領域で一切重なりがありませんでした。これでは価値観を共有できません。小林さんは最身強の宿命ですからやはり仕事の人、目指す方向を共有できているうちは良いのですがそれが無くなってしまうとなかなか関係を維持するのが難しくなります。

三谷さんは宿命に天剋地冲も所有しています。この天剋地中を所有する方はとにかくわがままです。そしてこのわがままさを仕事で活かすとカリスマ的な存在になれます。彼は映画の世界でまさにカリスマになりました。ですがこの宿命の方の家族は振り回されます。もしかしたら身強の奥さんと相当なバトルもあったかもしれません。

行動領域の重なり

相性鑑定をする時先ず最初に判定するのが行動領域の重なりです。この重なりがあれば価値観を共有出来る、行動を共にできると判断しますが、この重なりがない場合子供を生んで子供に間を取り持ってもらう関係になります。行動領域の重なりが全体の中で一領域か二領域か、三領域かによってもどのぐらいの近さかも判断できます。三谷さんの場合はこの行動領域の重なりがありませんでした。

小林聡美

小林聡美さん

小林 聡美は、日本の女優、エッセイスト。本名、同じ。 東京都葛飾区出身。シャシャ・コーポレイション所属。血液型はAB型。身長156cm。特技は水泳。ウィキペディア  生年月日1965年5月24日 (51歳)
性格の相性 本命度 身体の相性
 ×  △

三谷さん 中心星 司禄星 西の星 車騎星 辰巳天中殺

小林さん 中心星 龍高星 西の星 車騎星 申酉天中殺

※三谷さんの性格(司禄星)と小林さんの性格(龍高星)は土(司禄星)剋水(龍高星)で相剋の関係、小林さんにとって三谷さんは刺激的な性格であり厳しい性格でもあります。

※三谷さんの理想のタイプは車騎星(金)、小林さんは車騎星(金)と牽牛星(金)を所有します。小林さんの理想のタイプは車騎星、三谷さんは車騎星を所有します。お互いがお互いにとって理想のタイプの要素を所有します。

※天中殺の相性 三谷さんは辰巳天中殺、小林さんは申酉天中殺です。逞しい天中殺同士の関係、良い相性です。

⇒相性占いの詳細について

 

五星が揃う

五星が揃う方はバランスが取れています。人間はこの世に生まれたときに5つの本能を所有しますがその五本能をバランス良く所有しています。欲のバランスがとれているのです。五星が揃えば星が流れます(木火土金水、、)星が流れれば物事が流れます。そしてどのような方とも接することが出来るのです。他人の欲を理解できますから。三谷作品にはあらゆるタイプの役者さんが揃いますがそれはこの五星の流れの影響かもしれません。

 

最身強の人との結婚

三谷幸喜さんと小林聡美さん

三谷幸喜さんと小林聡美さん

三谷幸喜さんが結婚した奥さん小林聡美さんは最身強の方、最身強の方との結婚はその勢いで最初運勢が上がります。ところが徐々に奥さんのその勢いに負けて運勢を落とすケースがあるのです。三谷さんと奥さんは行動領域に重なりがない点、奥さんが最身強であるためエネルギーが消耗してしまう、、これらの問題点はありました。

現在の奥さん(yumaさん)との相性

yumaさん

yumaさん

準備中

まとめ

三谷さんと元奥さんの小林さん、行動領域に重なりがない夫婦は子供が生まれると子供が二人を繋いでくれます。ところがこの夫婦には子供がいませんでした。映画や役者のお仕事など共通の仕事、話題があればそこを補ってくれるのですが常に意見が一致するということも難しいでしょうからなかなか継続するのが難しい関係であったのでしょう。奥さんは最身強ということもあり三谷さんが甘えられる関係で無かった(憶測)のも大きな要因になったかもしれません。三谷さんは散法で行動領域が狭いという宿命に矛盾がありません。一つのことを粘り強く作るスタイルは合っています。彼の映画の密度の高さにはいつも驚かされますが根気強く丁寧に作り上げるスタイルは彼の宿命に合っています。

 

※当サロンの鑑定内容