常識に周波数を合わせた生き方を疑ってみる

日本の常識の周波数は重い周波数です。学生が社会に出て就職する際に海外を1周してから決める、海外をふらふらしてから考える、一気に起業するなどの選択肢が少ないのは周波数が重いからです。常識という名の周波数が重いからこそ就職=自由を失うになっているのです。日本がいかに重い周波数で繋がっている国なのかが分かります。

 

思考は周波数だから徹底的に軽い周波数とチューニングする

思考は周波数です。どの周波数の生き方を選ぶかは自由です。もしも親が教えてきた教育が重いのならば捨てましょう。そして全く新しい周波数の考え方で生きることにシフトします。もともとの周波数が重いか否かは生きている時の感情の重さで分かります。日々重く生きているのならばそれは重い周波数で生きている証拠、その人生がイヤならば軽い周波数の考え方にシフトするのみです。

 

TVを観続けると徐々に重い人生になる

TVの情報が重いのは、TVを観続けますと行動が消極的になることからも明らかです。行動が重くなるということは重い周波数で生きている証拠になるのです。TVの情報の周波数に意識を同一化することで行動は徐々に重くなっていくのです。

 

算命学は叡智、知れば行動が軽くなる

算命学は叡智です。算命学で宿命を知りますと行動が軽くなっていきます。行動が軽くなる情報は周波数が軽いのです。高いのです。ただそれだけです。算命学を始めとする叡智は人間の周波数を軽くし行動を軽快に、結果経験を多くできることから人生が活き活きしてきます。