真剣に生きていれば自分の宿命を知ろうとすることは当然

真剣に生きていますと自分の宿命を知りたくなるのは当然のことです。宿命を知ることで運命を切り開きやすくなります。自分との戦いで自分を常に考えますし自分を説得することが最も難しいチャレンジであることも途中で知ります。だからこそ自身の宿命を知りたくなるのです。

 

リアリストの華僑が信じることはとりあえず信じてみる

華僑といえば商売の達人、世界中で商売しサバイブしています。彼らが風水や占星術を商売に取り入れているのは有名なところです。商売のプロですからリアリスト、現実主義者です。そんな彼らが風水や占星術を取り入れることからもそれが効果があることが判断できます。

 

目に見える世界を7、目に見えない世界を3と捉えるとバランスが取れる

私自身は占星術や気学、風水を始めとする目に見えない世界の重要度は30パーセントぐらいと考えています。精神世界至上主義の方は目に見えない世界を100パーセントと捉えてしまいますがこれが上手くいかないのはやはりこの世は現実の世界、目に見える世界の影響の方が圧倒的に大きくなります。算命学も目に見えない世界ですから判断基準の30パーセントぐらいの重要度と捉えると上手くいきます。逆に言えばこの30パーセントを理解しないとサバイバルの世界では勝てなくなってしまいます。