O様 男性

都内でIT関連の会社を経営される方、今後の仕事運、恋愛運、総合運についてのご相談でした。先ずOさん陽占が葛藤のみ、全てが葛藤です。特に水と火の葛藤は算命学では最も大きな葛藤と捉えます。仕事をしても、家庭で休んでも、家庭を作っても、何をしても葛藤が生まれます。これは大変特徴的です。心が穏やかになる日はありません。穏やかになるためには悟りを開くぐらいの覚悟がなくてはなりません。

中心の星が鳳閣星です。これは伝達の星、この星を中心にして水星がぐるっと回ります。水の星は学びの星です。極端な学習意欲とそれに支えられた伝達欲求の人です。矛盾するようですが学習衝動、学習意欲を仕事にするよりも伝達を仕事にするほうが上手くいきます。火星が圧倒的に鍛えられているからです。つまり営業やプレゼンを仕事にすることです。自身が営業部隊になり仕事を取ってくることが重要です。特に午未天中殺ですから目上、格上、大企業、優良企業相手に営業が向きます。格下企業、格下事業者への営業は向きません。自分の会社よりも規模も質も上の企業にこそ営業が得意なはずです。

宿命には大半会を所有しますからスケールの大きな生き方が向きます。ただし対沖も宿命に所有しますから慎重さと大胆さの二つを使い分けなければなりません。矛盾を抱えています。陽占が葛藤のみですから頭がキレます。この頭のキレを仕事に生かすことです。ただし周囲はOさんとは全く違う宿命ですから周囲や部下を馬鹿にすると陰転します。Oさんの頭の良さは生まれ付きなので努力で養えるものではありません。

自分自身で事業を行う方ですが、数理法は141点と大変小さいですから規模を大きくするよりもアウトソーシングなどなるべき身軽にするべきです。頭脳で仕事を創造し、作業は外に任せることで利益を出せます。部下を多く抱えることは宿命には反します。もしもチームで仕事をするならば自身よりも格上を集めるべきです。格上はOさんにとっては扱いやすい存在です。

Oさんの理想の結婚相手は頭が大変よく、かつ年上です。もしくは年下でも尊敬できる存在です。ですが結婚相手が出来れば自身の葛藤は大きくなりますから距離感はしっかりとって大人の関係を築くべきです。別居婚は現実的です。