F様 女性

Fさんは旦那さんと共同経営で中東への企業進出をサポートするコンサルタント業を行う方です。会社の方向性、個人の方向性についてご相談を受けました。

Fさんは日干支が癸亥の方、この干支は倒異の業(三業干支)とも呼ばれ、パートナーとなった異性を倒してしまうカルマ(業)を背負っています。実際旦那さんとの関係も喧嘩が多く悩みの種とか。自分自身がそのような傾向を持つことを自覚することで冷静に対処出来れば問題は小さくなります。

生年、生日互換中殺(宿命中殺)を所有しますから両親とは一切理解し合えない関係です。本人もいまだに両親とは本音で話し合えていないとか、今は実家を離れて暮らしていますから問題は少ないようですが同居時は大変だったとか。

子丑天中殺(上方欠落、目上欠落、上司欠落、親欠落)に属しますから初代運です。初代運の方は自分がトップに立ちたい方、ナンバー2では満足できいません。この辺りもご主人との関係を難しくしています。

陽占(欲求)をみますと従星(馬力)に天南星に天将星と身強の星が並びます。宿命に馬力があります。闘っていないと不完全燃焼を起こします。ただし数理法(気エネルギー)は200点以下と平均以下です。馬力はありますがスタミナはないので無理は禁物です。

陽占では鳳閣星二つに、車騎星二つと葛藤の大きな宿命です。葛藤は大きければ大きいほどに頭が良くなりますが同時に悩みの数も多くなるのです。小さなことでも悩みやすくなりますし、人を雇うなど事業を大きくしようとすれば面倒な問題が生まれさらにストレスを抱えることになるのです。

天将星に石門星の組み合わせの方が理想のタイプ。この組み合わせは頭領運ですから社長のサポートは自然な流れです。ですが倒異の業を所有することを自覚しなくてはなりません。旦那さんを無意識に倒してしまいます。

子丑天中殺 鳳閣星 天南星
石門星 鳳閣星 車騎星
天将星 車騎星 天貴星

 

※当サロンの鑑定の流れ